上坂町長と宮下の、同じところと違うところ【定例会の傍聴からぁ

0

    今回の定例会では選挙を意識した発言が多く、上坂町長の月形町政に対する考え方が披露されました。それを傍聴していて「あら!上坂町長と私、ほとんど同じ!」意外でした。でも現実には「上坂町長と私はまるで違う」ように見えるんです。それは、なぜ?

     

    私が思うに、課題の捉え方は同じでもそれをどう解決するか(=政策の違い)、それにどう取り組むか(体制とスピードの違い)があるのかなと。「これからやる」のか「もうやっている」のか、「組織で対応する」のか「1人でもやる」のか、違いの本質がそこにあるように感じました。

     

    例えば

    1)財政運営・・・ ともに「健全な財政運営、必要なところには投資」は共通していますが、

    ■上坂町長:観光振興に注力(拠点化施設整備・皆楽公園整備の実施)

    ●宮下  :観光振興の見直し、農業振興に注力

     

    2)町立病院のあり方・・・ ともに「将来的に19床への移行が必要」と考えているが、

    ■上坂町長:来たるべき時期に町民に話しをする。

    ●宮下  :現状をすぐに町民に伝え、今後の病院のあり方について対話をはじめる。

     

    3)情報公開・情報発信・情報共有・・・ ともに「重要だが、現状は不十分」という認識。今後の取り組み方は

    ■上坂町長:月形町役場として、様々な媒体を使って取り組んでいく

    ●宮下  :既に課題はわかっている。個人で取り組んできたことを組織に応用するだけなので、すぐに取り組む

     

    4)住民参加・・・ ともに「町政運営にとって重要」は共通しているが

    ■上坂町長:町民の声を聴いて進める(←具体的な方法の提示なし)

    ●宮下  :住民参加の新たな仕組みを作る(小集会にお邪魔する形式、町政懇談会の形式変更、無作為抽出協議会やグラフィックファシリテーション等の導入)。仕組みができれば、役場組織として町民の声を活用できる。

     

    5)農業振興の柱・・・ 「ミニトマトに可能性がある」は同じ

    ■上坂町長:ふるさと納税返礼品の可能性(←生食のミニトマトを使う?)

    ■宮下  :ミニトマトを原料にした加工品開発。収穫期に急速冷凍の1次処理+農閑期の加工により、周年雇用や収入アップを狙う

     

     

    上坂町長はこれまで具体的なこと(=政策)は話さないので、今後の月形町がどうなるのか解らなかったのが実際です。ですが、この定例会で少し見えてきました。

    政策的な違いが明確なのは観光振興の部分。そこを争点にした政策選挙をしたいものです。


    決算特別委員会・総括質疑でのやりとり【月形町議会定例会・傍聴】

    0

      間が開きましたが、定例会の傍聴報告です。

       

      9月11日(金)の決算特別委員会では4人全員が総括質疑を行いました。そのやり取りが興味深かったので要約して報告します。

      以下、質疑と答弁。

      __。__。__。__。__。

       

      ■町立病院の今後の経営方針

      Q東出議員:町長は令和元年9月の全員協議会で「指定管理者によるへき地診療所化を検討する」と言い、そのあと12月定例会では一転「指定管理は慎重に。従来の形(=40床の町立病院)のままで」と答弁していた。一方、道が公開している会議録によると、その2ヶ月後の令和2年2月の道主催地域医療構想会議(令和7年に向けた調整協議の場)で上坂町長は「19床の民営化は最善策。方向性を早い時期に決めたい」と発言している。

      この方針変更を町民や議会に説明しないのか? 

      説明しないまま、ある段階で「国や道が決めたから、体制変更もしかたない」と言うのか?

      A上坂町長:この考え(19床のへき地診療所化・指定管理者による民営化)は執行方針でも言っている。何ら変更していない。今、報告しなくても特段の問題はない。状況を見極めた上で、町民に説明しながら進める。今後も情報公開や説明を丁寧にやっていく。

      また、道の会議での私の発言に重要性はないと考えている。国や道は独自に総合的に判断する。

       

      ■町財政についての考え方

      Q松田議員:上坂町長の就任当時は積極的な財政出動だったが、最近は緊縮方針を打ちだしているように見える。町の財政運営をどう考えているのか?

      A上坂町長:後生の子どもたちに大きな負担をかけたくない。健全な財政運営を心がけている。全ての課題に際限なく支出するわけではなく、必要なところに出していく。

       

      ■拠点化施設整備と皆楽公園整備

      Q大釜議員:まもなく町長選挙。2期目に向けた決意を。

      A上坂町長:札沼線廃線決断の際は4町のまとめ役として重い役割を背負ったが、町民と議員のお陰で進められた。それを象徴するのが、廃線後のまちづくりについて議論した地域拠点施設等整備審議会。この審議会が町の課題を浮き彫りにし、しっかり向き合ってくれた。審議会が示した課題(月小グランドへの拠点化施設整備・皆楽公園整備)に向かって挑戦する。未来のある子どもたちのために力を尽くしたい。

      Q楠議員:廃線によって今後を真剣に考えるきっかけになった。拠点化施設等整備審議会によって合意形成された。

      A上坂町長:審議会の意見が町民全ての意見ではないが重要。町民の声を聞いて進めていく。

       

      ■農業振興

      Q楠議員:現在工事を進めているJAの施設(新こめ工房、ミニトマトと南瓜の集出荷施設)は、国の交付金と過疎債を有効に活用した。これからもこうした制度を賢く利用すべき。今後はどう活用するか?

      A上坂町長:ミニトマトが伸びているので注目している。4年間で播いた種がある。各種制度を取り入れて発展させたい。

       

      ■情報公開

      Q楠議員:町政に対する町民の理解に差があるので、情報公開から情報共有の必要性を感じる。情報の取り方が多様になっていて技術的に難しい。IPの活用など、どう取り組んでいくのか? 

      広報広聴をもっと戦略的に。費用対効果を考えれば、もっとコストをかけて良いのではないか?

      A上坂町長:情報の課題は感じている。この4年間のうちにIPの更新はできた。今後も町民との対話を深めていきたい。


      応援メッセージ紹介 ◆銑

      0

        つづいては、「議会事務局研究会」のメンバーからの素敵な応援メッセージをご紹介。

         

        議会事務局研究会は、地方議会の事務局はどうあるべきかを実務面から探る研究会。議会事務局職員を中心に研究者と議員と首長もメンバーに加わってます(メンバーは関西地方が多い)。

         

        私はこの研究会で、議会の本質を学ぶことができました。人口3000人の月形町も、数万人の市も、100万人以上の政令市も、同じ地方議会で比較も面白い。ここでの知識や人脈は宝物です。

        __。__。__。__。__。

         

         

        ◆ゝ腸饂務局研究会 有志

         

        「地方自治をともに学んだ仲間として、誇りを持って応援しています!!」

        これを初めて読んだとき、ジ〜ンと涙が出そうになりました。最高に嬉しい応援の言葉です。

         

         

         

         

         

         

         盛 泰子さん(佐賀県伊万里市議会議員・元議長)

        盛さんは、地方議員の(さらに言えば女性議員の)第一線で長く活躍されていて、私たちともフラットなお付き合いで、めざす姿の一人です。

         

         

         

         

         

         

        ぁ|嘲失潅了劼気鵝並膾緝椰疆鳥垉腸餤聴)

        チャキチャキの大阪人の池渕さんとは、趣味(手芸)仲間でもあります。気さくで気心知れた関係が心地良い、お姉ちゃんのよう。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        ァ|畑英吾さん(滋賀県湖南市長)

        首長としての理想型です。物事の捉え方も情報発信も「町長になったらこうしよう」と、想い描くモデルです。谷畑市長のレベルの高さにどこまで追いつけるか、ですけどね(笑)
        谷畑市長とは同じ学年で、勝手に親近感を持ってます。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        Αゝ搬漆軌譴気鵝文喫_県福岡市職員)

        自治体職員の多くが吉村さんの事をご存じでしょう。カイゼン運動などを手掛けた方です。とても目配せの効く吉村さんに助言いただくこともしばしば。気づくこといっぱいです。 

         

         

         


        寒い

        0

          現在14.1℃。小雨交じりで、お〜寒い。

          ネルシャツとフリースの出番です。

           

          一昨日の大雨を境に風向きが変わって、昨日からは北風がピープー。

          今日は風はないけど、引き締まった北の空気。

          本格的な秋到来。

           

          これからしばらくは秋雨前線の影響で小雨や曇天の予報。

           

          開放型の事務所は寒いので、今日は自宅2階で作業してます。


          応援メッセージの紹介

          0

            今回たくさんの応援メッセージをいただきました。そこには人生を照らす素敵な言葉がちりばめられていて、読むだけで胸が熱くなるんです。私が独り占めしてはもったいないので、これから折りに触れご紹介させていただきます。

            __。__。__。__。__。

             |翅射拡子さん(北海道千歳市)

             

            為 宮下裕美子さん

            情報をつかみ未来へ活かす人

            民主主義を正しく遂行する人

            月形町のより良い暮らしを実現する人

                  千歳市農業委員 中村由美子

            __。__。__。__。__。 

             

            中村さんとは「きたひとネット(北海道農業女性ネットワーク)」で知り合いました。同じ「ゆみこ」の名前でまず惹きつけられ、その行動・活動に惹きつけられ、さらに言葉に惹きつけられています。

             

            日本農業新聞の連載コラム「食と農 広がる輪」での鋭い視点と提言がそれを物語っていて、唸らされることもしばしば。中村さんの「喧嘩上等」の精神に何度救われたか(笑) 

             

            中村由美子さんは現在、酪農家、きたひとネット会長、千歳市農業委員、駒そば亭店主・・・ 経営センスもピカイチです。

            その中村由美子さんからの応援メッセージは私の活動の芯を表現したものだったので、背中を押してもらえたようでジーンと来ました。


            決算特別委員会・総括質疑【月形町議会定例会・傍聴◆

            0

              今日の午前10時開会の決算特別委員会・総括質疑を傍聴してきました。

               

              委員は4人(定数8から欠員1、議長と議会選出監査委員が抜け、決算委員長も審査に加わらないので、実際に審査をするのは4人)。1時間ほどの総括質疑でした。

              詳細はまたあとで。

               

               

              役場玄関前のマリーゴールドが鮮やかです。担当者の手入れの賜物。

               

              今まで気づかなかったけれど(笑)このオレンジ色は私のテーマカラー。役場前でモリモリに茂っているって、なんだか縁起がいい💕


              こ、こ、こ、胡蝶蘭!【後援会事務所】

              0

                昨日の午前、我が家に普段取り引きのない花屋さんの大きなワゴン車が入ってきたので??? 場所を間違えた?

                 

                そしたら・・・ 

                 

                こ、こ、こ、胡蝶蘭⁉ え、まだ始まってないのに❓

                私の認識不足でした。《祈念》で贈ることもあるんですね〜。

                 

                Oさん、素敵な胡蝶蘭をありがとうございます。

                大きな想いを受け取って、もう一度、腰紐を締めなおしました。

                 

                ちなみに、この胡蝶蘭は北海道赤平市「赤平オーキッド」のもの。胡蝶蘭と言えば赤平オーキッドというくらい有名で、その赤平(赤平市)といえばご近所(同じ空知管内)なのに今まで見る機会がなかったのは、そういう機会がなかったからですね(笑) 

                 

                本当に立派で素晴らしい胡蝶蘭。想いを乗せた必勝祈念や大願成就の贈り物として使われるのがよく解りました。


                準備は着々と

                0

                  告示まで10日と少し。極々少人数で回しているので、カレンダーとにらめっこしながら漏れのないよう準備を進めています。

                   

                  昨日の午後は印刷所から《ハガキ》が届いたので、宛名書きのお手伝いをお願いするための仕分け作業を行いました。

                   

                  宛名書きは自宅で自由な時間にできるので「それならできるよ」と申し出てくれる人がいて、本当に助かっています。

                   

                  とはいえ、収穫期の今は町内が1年で1番忙しい時期。協力してくれるみなさんも仕事の後や合間の貴重な時間を使っての作業なので、本当に申し訳ない。少しでも作業しやすいように、事務作業1つとっても進化を心がけています。

                   

                   

                  細かい作業は後援会事務所(車庫)では手間取るので、2階の居間に場所を移し、お手伝いに来てくれた町内在住のTさんに丸投げして進めてもらいました。

                   

                  最後は(掃除を終えた)Yさんとハレミちゃんも合流、加速して終了。ほっと一息つけました。


                  久々の雨、援軍来たる【後援会事務所】

                  0

                    数日続いた30℃越えの残暑。寒冷前線の激しい雨から気温が下がりました。昨日は久しぶりの雨で、農家にとってはちょっと一息かな〜。

                     

                    そんな日の午後、美唄と旭川から農業女性仲間がやってきて、私の懸案事項をパパパッと片付けてくれました。そう、バックヤードの掃除!

                     

                    事務所は自宅1階の車庫。その奥に物置と流しがあって、上手く活用できたらなあと考えていたんですけど・・・ 流しは引っ越し前から放置してあってサビと埃だらけ。時間がかかりそうだから・・・ と、頭の隅にありながら放置していたんです。


                    そこをピッカピカに磨き上げ、使いやすい台所に変えてくれました💕

                     

                    あ〜これで気軽にお茶が飲めるわ。これから気温が下がって熱いお茶が恋しくなるもの。あ〜助かった。

                     

                    隙間時間をみつけては、顔を見がてら手伝いに来てくれる友達に感謝。その行動力は《きたひとネット(北海道女性農業者ネットワーク)》そのもの。ありがとう。Yさん、ハレミちゃん。


                    千客万来【後援会事務所】

                    0

                      事務所開きをしてから、毎日誰かが訪ねてきてくれて嬉しい限りです。

                       

                      ○月形町のこれからをどうするの?

                      ○今、これに困っている。

                      ○コレはどうなっているの? どうにかならないか〜?

                      ○なぜ任期途中で議員辞職したの?

                       

                      お話を伺いながらそれぞれの状況に想いを巡らせ、気づくことがいっぱい。会話を重ねるうちに私も考えが整理できたり、納得したり。対話の効能を感じています。

                       

                      みなさん、どうぞお気軽にお越しください。

                       

                      外出していることもあるので、事前にご連絡いただければ助かります。

                      もちろん、ふらっと立ち寄ってくださってOK。事務所に誰も居なくても、自由にご覧ください。